先のことを考えれば考えるほど、出来るだけ遺品整理などで家族に負担をかけることのないようにしたい、と言った思いが強くなってくるものです。
しかし、心も体もまだまだ元気、となればそもそも何から手を付けて行けば良いのかピンとこないことの方が多く、今のところまだ何もしていない、なんてことはないでしょうか。
自分がいなくなったその後に家族に負担をかけたくない、となればやるべきことは老前整理、もしくは生前整理と頭の片隅に置いておきたいところです。

■思いがけないものが見つかる
老前整理や生前整理というのは、本人が生きている間に自分自身で行うものの整理と言えます。
まだ使うものも沢山あるのでさっくりと整理整頓を済ませて行くことは難しいですが、改めて自分が何を持っているのかに目を向けてみることで思いがけないものが見つかることも多いです。
いらないものを処分して気持ちよく暮らして行くことも、長らく忘れていた思い出の品を見つけることもできるので、やっておいて損はありません。

■トラブルを防ぐことも
何より、老前整理や生前整理をしておけば家族間に起こりうるトラブルを未然に防ぐことも可能になります。
トラブルの種になりそうなものを早い内から適切に処理しておくことも出来ますし、たとえ家族と言えども目にして欲しくないものを伏せておくことも出来ます。
年齢に関係なくいつ何が起こるのかというのは全く分からないものですが、しかし、そんないつかに備えておいてこそ、残りの人生を心置きなく存分に過ごすことができるというものです。
というわけで、これから先の人生を改めて考えられるだけの余裕が持てた時に、一体何に目を向けて、何をして行けば良いのか?
そのポイントについて、ここではお話しして行きたいと思います。
いずれは誰しもが通らねばならない道だからこそ、知識としてきちんと頭に入れておきたいものですから、是非最後まで目を通してみてください。

オススメリンク

後のことを考えて

別のページでも少しお話ししましたが、老前整理はともかく、生前整理を本格的にして行こうとなるとやはり遺言書の作成などは外せません。
しかし、遺言書と一言に言ってもその形式は様々で、後々にしっかり効力を持たせ、発揮できる形にしてお…Read more

プロのサポートで

老前整理や生前整理は、思いのほか気力と体力を必要とします。
それ故に途中で面倒くさくなってしまったり、心が折れてしまったりして、投げ出したくなることも少なくありません。
また、相続に関する準備を進めていくとなればそれな…Read more

すぐに決められない

老前整理をするにしろ、生前整理をするにしろ、今すぐにぱっと何を残して、何を捨てて、何を誰に譲るのかを決めるのは難しいところがあります。
思い入れのあるものであればあるほどそう簡単に決められませんし、挑戦してみると思いのほか難し…Read more

関連リンク

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2015年3月
« 12月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031